アレルギー

アレルギー

アレルギー性疾患その1

みなさんは、アレルギー疾患の原因が何なのか、詳しくご存知でしょうか。

 

周囲の方が、なにかしらアレルギーを持っているという話は良く聞きますよね。猫アレルギーですとか、花粉症ですとか、そばアレルギーですとか、名称だけはいろいろと聞いたことがある方も多いと思います。

 

友達や、身の回りの方で、アトピーや、花粉症などで、アレルギー科に通っている方もいらっしゃると思いますが、そのような方はアレルゲンについて、病院で聞かされているのでご存知かもしれませんね。

 

アレルギーは、アレルゲン(抗原)と呼ばれているものが体に侵入するために起こります。このアレルゲンには、様々な種類があり、それによって、疾患の種類も決まります。

 

アレルゲンが原因で、アレルギー性の疾患になってしまった場合、疾患の種類によって、アレルギー科や、専門医で診てもらうことが必要となります。

 

では、アレルゲン(抗原)の種類は、どのようなものが存在するのでしょうか。

 

 

口から入るアレルゲンとしては、牛乳、卵、小麦、大豆など、食物抗原と呼ばれるものがあります。含まれている抗原を食べてみますと、時間が経過することによって、蕁麻疹や嘔吐、また、腹痛や、下痢、ショック状態などが現れます。

 

吸引型のアレルゲンとしては、みなさん、ハウスダストとしてご存知のように、ダニや、塵、カビ、ペットのフケなどです。その多くの場合、これらを体に吸い込みますので、気道アレルギーとしての症状が出てきます。

 

アレルギー

アレルギー性疾患その2

アレルゲンを吸い込んだことで起こる具体的な症状としては、くしゃみや鼻水、鼻のかゆみ、喘息のような息苦しさ、ぜーぜーと言うような気管支喘息、鼻炎などです。

 

子供たちにも多く発症する病気であり、アレルギー科に通院しているお子さんも多いですよね。

 

それから、広く知られている花粉症という病気もそうです。春先に多くの方が発症し、長い方は一年中、花粉症と戦わなければなりません。目と鼻がかゆくなり、真っ赤になり、涙も出て、くしゃみも連発、鼻水が止まらないなど、症状が出てきます。

 

また、アレルゲンも、皮膚から侵入するタイプでは、ダニや塵も含まれています。多くのケースはこれらを吸い込んで気管支炎のようなアレルギー症状を出しますが、皮膚からこれらが侵入すると、皮膚アレルギーとなり、かゆみ、湿疹、赤み、ただれなどが出てきます。

 

この症状の筆頭に、みなさんもご存知のアトピー性皮膚炎があげられますが、かゆみが長期間続くので、そのつらさはひどいものでしょう。

 

成年が発症するケースと、子供達が発症するケースの違いとして、子供の場合、アレルギー自体が原因で誘発されるケースがあります。年齢が上がれば、当然、抗原が変化しますので、症状が短期間で変わる場合も少なくないのです。

 

これまで、ご紹介した症状、いずれかでも出た場合は、なるべく早い段階で、アレルギー科などを受診すべきでしょう。医師の判断を仰ぎ、最適な処置を早期に受けることをお勧めします。

 

アレルギー

アレルギー性疾患その3

近年では、残念なことにアレルギー科を受診する人がどんどん増えているそうです。それほど、私たちの周囲にアレルゲンが多くなったのか、それとも私たちがアレルゲンに対する免疫が弱くなったのか、発症する人が増えてきてしまいました。

 

症状に気づいて、早めにアレルギー科にいけばよいのですが、なかなか、病院に行かない方が多いことも事実でしょう。

 

特に、自分のその症状がアレルギー症状だと思っていない方が多いのです。

 

そう思っていないのですから、当然、病院に行くことはありませんよね。怖いことは、そのまま放置しておけば、次第に症状が重くなり、治りにくくなります。

 

大切なことは、アレルギーが原因となって発生する症状には、いったい、どのようなものがあるのか、自分で知っておくことです。アレルギー科を受診するタイミングは早ければ早いほうが良いですから、お子さんのいらっしゃる方は、症状に注意して欲しいと思います。

 

「これって、アレルギー性の症状に似ているな」と感じたら、早急にアレルギー科を受診しましょう。

 

まず、代表的なもので、アレルギー性鼻炎という病気があります。鼻炎の代表的な疾患であり、花粉症、ペットアレルギーなども、この疾患のひとつです。

 

特徴は、目の痒み以外、花粉症と同じような症状であり、鼻水が無色透明と言う点が、アレルギー性鼻炎の特徴です。ペットのフケなどのアレルゲンが、体内に侵入し、粘膜に接触することで発症します。気管支喘息の症状としては、呼吸する度に「ぜいぜい」と音がします。

 

アレルギー

アレルギー性疾患その4

胸から「ヒューヒュー」という音が聞こえ、同時に痰がからみ、咳が出て、息をすることが苦しくなります。

 

この原因は、アレルゲンであり、体はアレルゲンが侵入することを拒もうとして、空気の通り道を狭くするため、息がしづらくなります。気管支の収縮している状態が続きますので、気道が狭くなり、息を吸い込むことが困難になってきます。

 

ちなみに、気管支喘息は、現代、特有の病気ではなく、第二次世界大戦の時代にも、気管支炎患者はいたそうです。

 

私もハウスダストが原因となって、気管支喘息になったことがありますが、一度、発作が起こると夜も寝られないほど苦しいです。この病気は環境が関係していることが多いそうで、私の場合も、新しい家に引っ越したら、ピタっと症状がなくなり、病気が治りました。

 

アレルギー科に通院して薬をもらっていましたが、発作が出ると、咳が止まらず、息が苦しくなり、酸素が思うように体に入ってこなくなりますので、とても危険な状態です。

 

このような症状が出ている方は、急いでアレルギー科に行きましょう。また、お子さんが咳き込んでいるような場合は、胸の音を聞くようにして周囲の人がチェックしてあげてください。

 

それから、アレルギー性結膜炎は、涙が出てきたり、目に異物感を常に感じたり、目が痒くなったり、結膜が赤くなったり、充血したり、目の全般におこる疾患です。

 

この疾患の特徴として、通年性と季節性、この2 種類があります。季節性のケースでは、花粉症が誘発している場合もあります。

 

 

アレルギー

お気に入りサイト

レルギー性鼻炎がくる鼻づまり、つらいですよね。ずっと続いていると頭も痛くなってきます。そんな鼻づまりを改善するにはどんなお薬が良いのでしょうか。花粉症はくしゃみや鼻水、鼻づまり、鼻炎、目のかゆみなど、様々な症状が出て私生活に多大な影響をもたらします。市販薬も数多くのものがありますが、どれが自分の症状にあった薬なのか悩むことも多いのではないでしょうか。

ザイザルやアレグラほか ○妊娠希望の女性・男性の服用は避けた方がいい? ○妊娠中、初期 ... 副作用はある?妊娠中の服用は胎児に影響ある?など、妊娠中やこれから妊娠を希望する人の為に、花粉症薬の気になる情報をまとめています。 ザイザルはそれだけでもタリオンより強い眠気が生じやすい薬です。 飲酒によってさらに中枢神経に働きかけてしまい、眠気の副作用が出やすくなってしまいます。

ダイエット中の食事で1周間のメニューを考えてみました。ダイエット中の食事の簡単メニューについて, 三食きちんと食事を摂ること、糖尿病の方の食事メニューとは、コンビニで買えるダイエットの食事とは?を解説しています。ボディビル業界では「運動1割、食事9割」といわれるくらい、食事が重要になります。 「ダイエット中の間食はダメ。ゼッタイ。」と思っていませんか? 空腹状態が続くと、身体が“飢餓状態”と判断し、脂肪がつきやすくなります。